読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆「冬は必ず春となる!」◆勉強の裏ワザと息抜きの部屋

◆◆受験生が夢を掴むために応援するブログです◆◆

「センターリサーチ」で誤った決断をしないための正しい知識

成功の方程式 模試

 ⚫️センターリサーチを正しく読み込もう

 今週は3年生にとっては気が気でない1週間になったことだと思います。

 

二次試験の出願

 

センターリサーチの結果を踏まえ、担任の先生からアドバイスをもらい、また場合によっては三者面談も行われたかと思います。

 

よく質問を受けるので、ここでセンターリサーチの見方について確認したいと思います。

 

C判定ってどうなの?

いけるの?無理なの?

とのくらいいけるの?

どのくらい無理なの?

 

担任やご両親、先輩、塾の先生などとよくよく話し合って、最善の判断をして欲しいと切に願います。

 

f:id:make-progrexx:20170125031240j:image

 

⚫️判定の◯◯%の信ぴょう性

「A判定」・・・合格可能性80%

「B判定」・・・合格可能性60%

「C判定」・・・合格可能性40%

「D判定」・・・合格可能性20%

 

ってよく言われるけど、これって良くわからないよね。何をもっての可能性なんだか。

 

B判定でも落ちるし、D判定でも受かる場合もあります。

 

そんなこと何度も聞いたわよ(;´д`)

じゃあ、どうすればいいわけ?

 

そうだよね、よくわからないよね。

これから最善の判断をするための正しい見方を教えるから下記をよく見て実際に調べてみようね。

 

⚫️具体的にイメージしよう

 合格可能性の%には表れない、リアルな数字を意識することこそが大切です。

 

では一緒にやってみましょう。

(用意できる人は自分の結果を用意してね)

 

例えば、

T大学F学部

センター試験  「450点満点」

二次試験         「800点満点(英語 数学 社会)」

ボーダー          「320点(=B判定)」

本人                 「290点 D判定」          

                                                    の場合。

 

 

調べなければいけないこと

•ボーダーとの差            「30点」

•昨年度の合格最低点    「仮に820点とします」

•ボーダーの生徒はセンターが320点ですから2次試験で最低500点必要

•自分はセンターが290点なので、二次試験では530点必要

•大学の偏差値               「仮に65とします」

 はい、ここからが大切です!

 

ボーダーとの差が30点なわけだから、二次試験は800点もあるわけだし、ワンチャンで逆転あるんじゃない?

 

って思っていいのは、今までの記述模試の英語、数学、社会で偏差値65以上をキープ出来ている人です。

 

偏差値65の人が、T大学の二次試験で統計的に考えると500点以上取ってます。T大学の二次試験の難易度はそのくらいの質(模試偏差値65の人でだいたい500点)の二次試験です。今まで受けた模試の偏差値が一度も65に届いていない人は残念ながら難しいです。

って意味なんだよ。

 

 

⚫️記述模試の偏差値を参考に

偏差値65以下の人は、ワンチャンの可能性は限りなく低いです。それを数字で表すと20%=あなたはD判定という目安を教えてくれるのがセンターリサーチです。

 

逆に、模試偏差値65以上の人や「いや、私伸びてきてるし、あと1ヶ月さらにもっともっと勉強する」「落ちても後悔しない」「受験しないほうが後悔する」って思える人はチャレンジすべき。間違った判断するよりよほどマシ。

 

 受験生のみんなには、ここまで本当によくよく考え切って欲しいです。

 

また支える側の私たちも、あと1ヶ月、本当の意味で生徒に寄り添い、真剣に向き合ってあげたいと思います。

 

二次試験の配点800点って実はかなり高いほうで、500点かそれ以下の大学も結構あるけど、考え方は同じだよ。記述模試の自分の偏差値と大学の偏差値で比べっこしてみてください。

 

あと、二次試験が小論文のみってところは残念だけどC判定でも少し厳しいかな。

 

みんなの健闘を祈ります。

気持ちで負けるなー!